富士電機がしっかり、企業年金改革報道を材料視

 富士電機<6504.T>が高値圏でしっかり。20日の日本経済新聞が「14年3月期末で企業年金制度を確定拠出型に一本化する」と報じたことが材料視されている。確定給付年金が主体だった従来制度に比べ、年金債務の増減が業績に与える影響を抑える狙い。富士電機は上場企業のなかでも年金の財政が厳しいと伝えており、財務体質改善による収益性の向上が期待された。

富士電機の株価は10時15分現在439円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)