YAMATOが急落、前9月期は販路拡大図れず赤字幅拡大

 YAMATO<7853.T>が急落。19日取引終了後に発表した前13年9月期の決算は計画を下回り、赤字が拡大したことが嫌気されている。連結売上高は前回予想の1億2600万円に対して実績は1億2400万円(前の期比86.9%減)、経常損益は9700万円の赤字に対して2億2500万円の赤字(前の期2億2000万円の赤字)と赤字幅が拡大した。代理店を中心とした販路拡大を図れず、販売が予想を大きく下回り、諸経費の発生や直営店舗の販売の伸び悩みなどにより損益が大きく悪化した。
 今14年9月期は売上高2億5300万円(前期比2.0倍)、経常損益5900万円の赤字(前期2億2500万円の赤字)と大幅増収で赤字幅縮小を見込む。グループ事業の再編や不採算事業の清算を早急に図るとともに、新規事業などによる新たな収益基盤を確保する方針。

YAMATOの株価は10時24分現在110円(▼19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)