日本電産が反発、25日移動平均線との修正完了で買い先行

 日本電産<6594.T>が反発。株価は10月末に9640円の年初来高値をつけてからは売り物をこなす展開にあったが、目先は25日移動平均線とのカイ離修正完了から出直る動きにある。北米自動車販売の好調などを背景に車載モーターが会社側の想定以上の伸びをみせている。HDD分野への依存比率を減らし車載・家電・産業用モーターへの軸足シフトが、うまく機能して利益率が改善。一方、北米での好調な自動車販売を背景に車載モーターが想定を上回る伸びで、14年3月期最終利益は550億円(前年同期比6.9倍)に上方修正した。自動車の電装化が進展するなか、同社が手掛ける車載モーターは電子制御ユニットと組み合わせてモジュール化するなどの高付加価値化に踏み込んでいる。これが新たな成長期待につながり株高の原動力となっている。

日本電産の株価は10時48分現在9280円(△160円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)