◎20日前場の主要ヘッドライン

・マイクロニクスが大幅高、14年9月期の営業利益2割増益予想を好感
・KLabが5日続伸、需給思惑が急浮上
・ノジマが急落し値下がり率トップ、公募増資による希薄化を懸念
・NKSJホールディングスが軟調、今3月期大幅増額修正も出尽くし売り
・YAMATOが急落、前9月期は販路拡大図れず赤字幅拡大
・東芝がしっかり、オリックスと地熱発電事業を推進
・加地テックが急反発、燃料電池車関連として再度注目
・パイオニアが大商いで200円台回復、取組妙味を背景に需給相場の様相
・シンバイオ製薬が急落、公募増資の実施で嫌気売り膨らむ
・イリソが大幅続伸、成長評価でボックス上限突破をにらむ

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)