三菱電は小幅反落、次世代の中国語カーナビ向け文字入力システム開発も戻り売りに押される

 三菱電機<6503.T>は小幅反落。19日に次世代の中国語カーナビゲーションシステム向けに中国独特の発音記号に加え、手書き・音声認識の計4種類の文字入力が簡単にできる「マルチモーダル文字入力HMI(ヒューマンマシンインターフェース)」を開発したと発表したが、戻り売りに押された。18日に戻り高値1153円まで上昇したが、5月につけた年初来高値1242円を目前に上値の重い展開が続いている。今回開発した文字入力システムは23日から東京ビッグサイトで開催される第43回東京モーターショー2013に出展する。

三菱電の株価は12時57分現在1137円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)