日鉄住金物産が大幅高、取り組み妙味浮上で一段の上値追いへ

 日鉄住金物産<9810.T>が大幅続伸。同社は新日鉄住金傘下で鉄鋼卸売を手掛けている。13日に14年3月期通期の連結売上高を従来予想の1兆1000億円から1兆4700億円に最終利益は68億円から220億円に大幅増額したことがサプライズとなり、翌14日は値幅制限上限に買われたが、その後も買いが続きマド埋め拒否の上値指向を続けている。商社という業態を差し引いて考えてもPER5倍前後は割安感が強い。また信用取組は直近11月15日申し込み現在で、売り残、買い残ともに大きく増加させており、需給妙味もにわかに浮上、材料株としての素地を強めてきた。

日鉄住金物産の株価は13時4分現在383円(△18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)