T&CHDがストップ高、医療機器事業による業容拡大期待高まる

 T&Cホールディングス<3832.T>が前日比7000円高の4万2000円とストップ高に買い進まれた。先端医療機器の輸入販売事業に参入したことが引き続き好感されており、矢継ぎ早に新しい事業戦略を打ち出したことで、業容拡大期待が高まっている。
 ドイツのMivenion社開発のリュウマチ診断装置とスペインのONCOVISION社が製造する乳がん診断装置の国内専属販売権を取得しており、12日には医療法人社団コスモフィールドとの業務委託契約を結び、コスモフィールドの運営する外苑東クリニックへ乳がん診断装置を納品すると発表。さらに、14日にはがん検診など各種検診クーポンを贈呈する株主優待制度を導入すると発表しており、今後の医療機器事業の新戦略へ期待が高まっている。

T&CHDの株価は14時45分現在4万2000円(△7000円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)