ANAPは4100円で取引を終了、初値は公開価格の5.1倍も換金売りでS安

 19日にジャスダック市場に新規上場したANAP<3189.T>は、上場2日目のこの日に公開価格(1000円)の5.1倍に相当する5100円の初値をつける好スタートを切った。その後、5360円まで上昇する場面があったが、これをピークに換金売りが相次ぎ、結局、この日はストップ安となる4100円で取引を終了した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)