<動意株・20日>(大引け)=コンベヤ、ぐるなび、アイスタイルなど

 日本コンベヤ<6375.T>=大幅高。同社株は中段で煮詰まり限界、ボリンジャーバンドはボトルネック型で収れんする一方、5日・25日移動平均線のゴールデンクロス示現で上放れのタイミングを示唆していた。2020年の東京五輪開催を前に首都圏のインフラ再整備や、27年開業を目指すリニア中央新幹線のトンネル工事に伴う土砂運搬で同社の大容量プラントコンベヤーに特需が発生するとの思惑が短期資金攻勢の拠りどころとなっている。

 ぐるなび<2440.T>=大幅続伸。スマートフォンを利用したカード決済サービスが飲食店中心に普及が進んでおり、忘年会シーズンが近づくなかで、同社の電子マネーやクレジットカード決済に対応する設備投資が奏功しそうだ。今期は有料会員が高水準の伸びをみせており、10月31日した中間決算では14年3月期通期の営業利益予想を32億円から35億円に増額している。

 アイスタイル<3660.T>=新高値。29日付でアライドアーキテクツ<6081.T>がマザーズ市場に新規上場予定するのを控えて、再び大株主である同社に思惑が向かっているようだ。アイスタイルとアライドアーキは、12年8月にソーシャルメディアを活用したサービスの拡充を目的に資本・業務提携を締結しており、「新規上場申請のための有価証券報告書」によると、18万3100株の株式を保有する第5位株主。アライドアーキテの上場により、含み資産の増加などが期待されている。

 クラリオン<6796.T>=後場一段高。同社はOEM主力でカーエレクトロニクスの老舗メーカーだが、円高修正効果で今3月期業績は営業2ケタ増益見通しと回復歩調にある。きょう電子技術産業協会(JEITA)が発表した10月の民生用電子機器の国内出荷額は前年同月比で3%増の伸びを確保。カーナビゲーションを含む車載機器が牽引する構図となっており、同社に追い風となっている。株価は低位材料株として独特の人気性を擁し、個人投資家資金の物色対象にもなりやすい。

 加地テック<6391.T>=急反発。きょう20日から東京ビッグサイトで開催される「第43回東京 モーターショー2013」で大手自動車メーカー各社が今後市販を予定している燃料電池車を公開することから、「燃料電池自動車用燃料充填所向け水素ガスコンプレッサ」を手掛けている同社も燃料電池車関連として再度注目を集めている。同社は「空冷・レシプロ・全般ピストン・オイルレス式」としては、世界で初めて110MPa(1100気圧)まで圧縮可能な超高圧水素ガスコンプレッサを製品化するなど技術力が高い。

 SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ<9478.T>=ストップ高。同社は19日の取引終了後に、次世代リチウム電池用電極の開発を進める米国シリコンバレーのベンチャー企業 Zeptor Corporationの技術・製品の実用化と商業化に向けて協力していくことを確認し合意したと発表した。これまでもZeptor Corporationに対して資金面をはじめ潜在顧客やパートナーの紹介など多面的に支援を行ってきたが、製品の実用化を目前に改めて関係を強化したことが材料視されている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)