村田製が米国特許侵害訴訟に敗訴

 村田製作所<6981.T>は20日取引終了後に子会社2社の電源製品について、米SynQor社から提訴されていた米国特許侵害訴訟に敗訴したと発表した。ムラタ・エレクトロニクス・ノース・アメリカとムラタ・パワー・ソリューションズの子会社2社が製造販売する特定の電源製品について、SynQor社が同社の米国特許4件を侵害しているとして、テキサス州東部地区連邦地方裁判所マーシャル支部(連邦地裁)に訴訟を提訴。連邦地裁はSynQor社の訴訟を支持する判決を下し、同社はこれを不服として連邦巡回控訴裁判所へ控訴、さらに、米国連邦最高裁判所へ判決の見直しを求める請求を行なっていたが、最高裁は同社を含む一審の被告団の請求を退ける判断を下した。これにより同社はSynQor社に約2098万米ドルの損害賠償金を支払うことになる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)