今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は日経平均の軟化を受けて一時100円割れとなる場面もありました。
この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

11/20(水)
18:30☆(英) BOE議事録
19:20 (英) デールBOE理事、講演
22:30☆(米) 10月消費者物価指数
22:30☆(米) 10月小売売上高
24:00☆(米) 10月中古住宅販売件数
24:00☆(米) ダドリー・ニューヨーク連銀総裁、講演
26:10☆(米) ブラード・セントルイス連銀総、講演
27:30 (英) ウィールMPC委員、講演
28:00☆(米) FOMC議事録(10月29・30日分)
30:15 (加) ポロズ・カナダ中銀総裁、議会証言
※☆は特に注目の材料

今夜は重要な経済イベントが多いです。
特に最近は米連邦公開市場委員会(FOMC)要人の発言で動くことが多いので、発言内容に関する報道には要注意です。

英国についても、材料が多く、注目されます。
ただ、英中銀(BOE)の金融政策委員会(MPC)議事録に関しては、すでに発表されたインフレ報告よりも前のMPCのものになりますので、よほどタカ派的な意見を述べたメンバーが多くない限りは、反応は限られる可能性があります。