【買い】マツダ(7261)1ドル100円台を付け、更に追い風=フェアトレード 平山修司

会社想定レートよりも円安で推移
スポーツタイプの乗用車からトラックの製造・販売を手掛けており、海外での販売台数が約8割と海外販売台数比率が高いことが特徴。前年は赤字であったが、CX-5の販売が好調に推移したことや円安の恩恵を受け、黒字化した。今期の売上は2,650,000百万円(前年比20.2%増)、営業利益160,000百万円(同196.6%増)、純利益100,000百万円(同191.5%増)となる見込み。会社の業績予想は下期1米ドル95円、1ユーロ125円で見込んでおり、足元では会社予想よりも円安となっていることから、このまま円安の為替水準が継続すれば、更なる上方修正期待がある。また、米国のNYダウも史上最高値を付け、外国人投資家の投資家のスタンスも強気に傾いているため、買いのスタンスとした。