ドル円、上値追いに期待(21日展望)

ドル円、上値追いに期待(21日展望)
◆◆◆◆◆◆ 徹底したテクニカル分析見通し◆◆◆◆◆◆

◇今日のレジスタンス/サポート & ポイント解説◇ドル円
第3レジスタンス:100.40-45円(11/15高値圏など)
第2レジスタンス:100.35-40円(11/18高値圏など)
第1レジスタンス:100.20-25円(前日高値圏&11/19高値圏)
  NY引け値:100.02円(-0.10円)  
第1サポート:99.80-85円(1σ上限&24時安値圏)
第2サポート:99.75-80円(ピボットB1&前日安値圏)
第3サポート:99.65-70円(転換線など)

**各種状況**
新値足:陽線8手(変化点9-10手間近)、3日平均足:陽線展開(孕み型変化足)、
RSI(7日・14日・42日):69%・68%・53%水準。
ボリンジャーバンド:バンド幅が上方傾向期、1σ-2σラインでの攻防、
本日の上下の目安は、
   抵抗帯は、2σ上限100.72円、3σ上限101.57円、
   支持帯は、1σ上限99.86円、20日基準線99.00円、
                     1σ下限98.15円
一目均衡表:三役好転・買い時代。転換線(99.67円)が下値の支持ライン。

反発期待が出ている中、残念ながら陰線引けとなった。ちゃぶ付いた動きと
なっており、今一つ勢いが出てこない。相応の上昇日柄、値幅観測により
調整感が出易い為だと考えられる。三段抜き新値足も反転警戒水準に絡み
出しており、注意が必要であろう。
尤も、中・長期の上昇トレンド構成銘柄、小勢の上昇トレンドの
エクステンション(延長局面)として、買い方優位の展開も出易い。
なかでも、100円台乗せでの小康状態が4日続いており、オシレータ系の
過熱感が薄れている。日柄で押し目を作った状況であり、リスクは上方に
出易いものと見る。買い気の強い1日となるか。

本日のポイント:陽線切り返し出来るか注目したい。陽線引けなら、週明けに
 かけて、先行期待が強まる見通し。
 陽線切り返し=立て込み型買いパターンの構成様相だ。期待感高まる。
 序盤は買い気の勢いに注目したい。

本日の流れ:東京マーケット前半にかけてシッカリ推移となるか。ロンドン
 マーケット入りにかけての中だるみが狙い目。NY高の期待。
中心予想レンジ:99.80円-100.50円
 本日展望*上値追い変化に期待
 (AM8:22執筆)

注)上記レートはインターバンク等の提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。
また、60分足テクニカルにおいては、執筆時レートよりも上下に
変動している場合があります。