インプレスが反発、「絶版本を電子書籍で復刊」との報道

 インプレスホールディングス<9479.T>が反発、一時前日比15円高の159円まで買われている。この日の日本経済新聞では傘下のインプレスR&Dが、デジタル技術を活用して絶版になった本を手軽に復刊できるサービスを始めることが伝えられており、これに注目する動きとなっている。絶版本は在庫リスクの懸念が高いが、電子書籍として復刊し、一冊単位でも出版できる仕組みを確立していくとしている。電子書籍は米アマゾン・ドット・コムや楽天などの電子書店で販売する方針ともしており、電子書籍の新たな需要を掘り起こす意味でも今後の展開が期待される。

インプレスの株価は9時19分現在149円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)