クボタが堅調、新興国好調でクボタの時価総額がコマツ抜くと報じられる

 クボタ<6326.T>が堅調、株価は前日比46円高の1718円まで買い進まれ、5月につけた年初来高値1792円に迫っている。21日の日本経済新聞が「クボタの時価総額が足もとでコマツを上回った。背景にあるのは新興国事業の成長期待の差だ」と報じたことが好感されている。クボタは農業の機械化が進む中国などで農機販売が伸び、14年3月期の連結営業利益は6年ぶりに最高を更新する。一方、コマツはインドネシアなどで鉱山機械の販売不振が続く。新興国事業の明暗を映し、機械株の主役交代が鮮明になっていると伝えており、一段の業績拡大へ期待が高まった。

クボタの株価は10時56分現在1709円(△37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)