<私の相場観>=SBI証券・投資調査部長 鈴木 英之氏

 東京株式市場は8日から15日にかけて、日経平均は1000円前後上昇した。この株価切り上げで、相場のレンジは変わったように思える。年内の日経平均の想定レンジは1万5000~6000円。5月高値(1万5942円60銭)の更新も期待できそうだ。

 相場環境の好転要因としては「米10月雇用統計の好調」や「円安・ドル高の進行」「米量的緩和の長期化期待」「大手銀行の好業績に伴う市場全体の1株当たり利益切り上げ」などがある。

 10月の米雇用統計は良好で8、9月の数字も上方修正された。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)次期議長の米公聴会での発言は市場にリスクオン姿勢をもたらした。また、大手銀行の好調な決算は日経平均の上昇につながっている。

 個別銘柄では、セイコーエプソン<6724.T>やリコー<7752.T>といったユーロ高・円安でメリットを受ける銘柄に妙味が出そうだ。

 また、住友電気工業<5802.T>やIHI<7013.T>、京浜急行電鉄<9006.T>、NIPPO<1881.T>、日立国際電気<6756.T>といった好業績株にも期待したい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)