10月の全国スーパー売上高、前年同月比0.5%増

 日本チェーンストア協会が21日発表した、10月の全国スーパー売上高は1兆433億5900万円で、既存店ベースで前年同期比0.5%の伸びだった。17年ぶりに3カ月連続で前年実績を上回った。内訳では食料品が1.8%増。価格上昇により農産物が6.8%、畜産物が3.5%の伸びを示し食料品全体を牽引した。一方、衣料品は紳士衣料、婦人衣料ともに低調で5.7%減となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)