◆21日の米株式市場の概況 NYダウ反発し終値ベースで初の1万6000ドル台乗せ

 21日の米株式市場はNYダウが3日ぶりに反発し、前日比109.17ドル高の1万6009.99ドルと終値ベースで初の1万6000ドル台に乗せた。ナスダック総合指数も同47.88ポイント高の3969.15と4日ぶりに反発して取引を終了した。週間の米新規失業保険申請件数が、季節調整済みで32万3000件と前週比で大幅に減少したことから、米景気に対する警戒感が後退し幅広い銘柄で買いが優勢となった。また、前日までNYダウが続落していたことから押し目買いも入りやすかった。なお、出来高概算はニューヨーク市場が6億6886万株、ナスダック市場が16億4961万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)