ソフトバンクが大幅高、米ヘッジファンドの株式取得観測が株価押し上げる

 ソフトバンク<9984.T>が大幅高で新値更新、8000円大台を回復した。8000円台回復は株式分割修正値で2000年5月以来13年半ぶりとなる。米ヘッジファンドのサード・ポイントが同社株式を10億ドル相当取得したと米ウォールストリートジャーナルなどが報じ、これが株価を押し上げる足掛かりとなっている。サード・ポイントはアベノミクスによる脱デフレの流れを見込んで日本の主力株へ投資する動きをみせており、既にソニーなどへの投資で話題を呼んでいた。

ソフトバンクの株価は9時21分現在8260円(△290円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)