<前場の注目銘柄>=戸田建、一段高へ動き煮詰まる

 戸田建設<1860.T>は10月30日に年初来高値386円をつけてからのスピード調整が一巡、一段高に向け動きが煮詰まってきた。

 手持ち工事の進捗と完成工事利益の改善により、今3月期は前回予想を上方修正。連結経常利益60億円(前年同期455億8100万円の赤字)を予想したが、第2四半期で66億6500万円と通期予想を上回っており、会社計画は保守的との見方が強い。

 年5円配当継続でPERは11倍台、PBRも0.8倍台と割安感が働く。環境省と長崎県の五島列島椛島沖合で、実証実験を開始した世界初のハイブリッドスパー型浮体式洋上風力発電の今後の動向も株価を押し上げていく。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)