バンナムHDは軟調、SMBC日興証は目標株価を2400円に引き上げ

 バンダイナムコホールディングス<7832.T>が軟調。SMBC日興証券は21日付リポートで投資判断を「1」を維持、目標株価を従来の2350円から2400円に引き上げた。
 リポートでは「コンテンツ事業について、家庭用ゲームソフト、ネットワークコンテンツが従来予想以上に好調に推移していることが主な理由。家庭用ゲームソフトについては『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』(PS3向け、上期実績55万本)のヒットや、11月に発売した『GOD EATER 2』(PSVitaとPSP向け、当証券推定出荷50万本)などの健闘によって、国内家庭用ゲーム市場での同社の存在感は一段と増している。このため、家庭用ゲームソフト売上高の見通しについて、14年3月期が従来の795億円から今回833億円へ増額する」としている。

バンナムHDの株価は10時25分現在2101円(▼23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)