京セラは底堅い、三菱UFJMS証は投資判断を「ニュートラル」に引き下げ

 京セラ<6971.T>が底堅い。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は21日付のリポートで投資判断従来の「アウトパフォーム」から「ニュートラル」へ、目標株価を5900円から5500円へそれぞれ引き下げた。
 リポートでは「当証券では14年3月期業績予想について、営業利益は従来の1350億円から1320億円(前期比71.6%増)へ減額する。ソーラー関連は依然として成長力を有しているものの、中長期的な利益率の目線がやや低下した印象である」としている。

京セラの株価は13時25分現在5270円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)