三菱電が続伸、コンセプトEV開発し東京モーターショーに出展

 三菱電機<6503.T>が続伸。円安進行で主力の輸出株に買いが先行するなか、21日にコンセプトEV(電気自動車)「イーミライツー」を開発したと発表したことが支援材料になった。パワートレイン系コンセプトと運転支援系コンセプトを集約、EVとしての環境性能だけでなく、操縦性と安全性と運転時の安全性、快適さを向上させた。最大125キロワットの出力を持つ4輪駆動EVで、独自のモーター制御技術により、さまざまな路面状況に対応、映像表示制御、画像・センサー情報処理、HMI(ヒューマンマシンインターフェース)技術で運転を支援する。コンセプトEVのイーミライツーは東京ビッグサイトで開催されている東京モーターショー2013に出展する。

三菱電の株価は13時28分現在1183円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)