KNTがしっかり、25日移動平均線下支えに上値慕う展開

 KNT-CTホールディングス<9726.T>がしっかり、25日移動平均線を下支えに、じわりと水準を切り上げてきた。アベノミクスによる景気の浮揚感は旅行需要にも貢献、今年は訪日外国人も増勢にあるが、中期的に2020年の東京オリンピック開催がプラスに作用することは必至だ。今後は、海外富裕層の長期滞在を可能とする制度導入や大型クルーズ船に対する入国審査の迅速化なども政策的に後押しされる方向で、同社のビジネスチャンスも必然的に広がりそうだ。同社は今年1月に近畿日本ツーリストとクラブツーリズムが経営統合して発足したが、この統合により財務面が大きく改善しており、時価100円台は見直し余地が大きい。

KNTの株価は13時51分現在161円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)