<チャートの視点>=東海染工、5・25日線のGCがもみ合い放れを示唆

 東海染工<3577.T>は21日に5日移動平均線(21日時点:126円)が25日移動平均線(同:125円)を上抜け、ゴールデン・クロス(GC)を達成した。10月中旬には特段の材料がないなかで大幅高を演じたが、5月7日につけた年初来高値141円を突破できなかったことで調整局面入り。その後は120円近辺での下値の堅さを確認する格好でのもみ合いが続き、再び上値トライのタイミングをうかがう状況となっている
 なお、同社が8日に発表した第2四半期連結決算(累計)は当初予想から上方修正され、売上高は75億円から75億8700万円(前年同期比12.7%増)に、経常利益は1000万円から5000万円(同5900万円の赤字)に、最終利益は9000万円の赤字から7900万円の赤字(同2億9100万円の赤字)に修正。インドネシア子会社やタイ子会社の業績が堅調に推移したことが主な要因となっており、今後も東南アジアにおける中間所得層の拡大が同社の追い風となりそうだ。

東海染工の株価は14時5分現在127円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)