石油資源は小幅高、大和証券は「2」に引き下げ、シェールガス事業に不透明感

 石油資源開発<1662.T>は小幅高。21日の米原油先物相場でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)期近の2014年1月物が前日比1.59ドル高の95.44ドルと上昇したことなどが好感されている。ただ、大和証券は21日に同社の投資判断を「1」から「2」に引き下げるなど慎重見通しも出ている。同証券では、収益化を期待していた西カナダのシェールガス事業に対して来期は損益均衡にとどまるとみており、同事業の先行きに不透明感が残ることを投資判断引き下げの要因に挙げている。

石油資源の株価は14時10分現在3895円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)