エムティーアイのソニックノートが東京モーターショーの「スバル」ブースで採用

 エムティーアイ<9438.T>はこの日、同社が開発したスマートフォン向け“高精度屋内測位システム”「SONICNAUT(ソニックノート)」が、22日から開催されている東京モーターショーの富士重工<7270.T>「スバル」ブースで利用できるカメラアプリに初搭載されたことを発表した。ソニックノートはGPS電波の届かない屋内や地下などで、スマートフォンに内蔵したマイクを利用し、非可聴域の音波を受信することで、誤差わずか約30センチメートルの範囲で現在位置が分かる高精度測位システム。今年6月からショッピングモールやイベント会場などでの商用化を進めており、今回のカメラアプリへの搭載が第一弾となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)