◎欧米外為市場サマリー

 22日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=101円25~26銭と前日に比べ10銭の円安・ドル高。対ユーロでは、1ユーロ=137円25~29銭と同90銭強の円安・ユーロ高だった。 
  この日は目立った米国の経済指標はなく、小幅な値動きとなり101円10銭台を中心とする値動きで推移した。NYダウが過去最高値を更新するなか、リスクオン姿勢による円売り・ドル買いが流入した。
 ユーロは上昇。1ユーロ=1.3554~55ドルと前日に比べ 0.0076ドルのユーロ高・ドル安だった。独11月IFO景況感指数は109.3と市場予想(107.7)を上回ったことからユーロ買いが流入。対円では一時、137円30銭台と2009年10月以来、約4年1カ月ぶりの円安・ユーロ高水準をつけている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)