エアウォーターがしっかり、リニア向け冷却装置開発

 エア・ウォーター<4088.T>がしっかり。同社は次世代リニアモーターカー向けの冷却装置を開発したと23日付の日本経済新聞が報じ、これが株価の刺激材料となっている。同社がかねてから手掛けるパルスチューブ冷凍機は、マイナス253℃未満までの低温化技術改良や低振動化により、高温超電動分野や超精密分析分野への適応が可能となったことから、次世代リニアモーターカーへの応用が可能となっている。リニアでは車両を浮かせる際、超電導状態を生み出すためにヘリウムガスの圧縮と膨張を利用して冷やす。同社が開発した装置は液体のヘリウムが欠かせない現行の冷却装置に比べて、ヘリウムの使用量が100分の1以下で済むという。

エアウォーターの株価は9時3分現在1458円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)