オリンパスが続伸、偏心測定機に不具合があるとして無償点検・修理

 オリンパス<7733.T>が続伸。22日に偏心測定機のLCTR-Mに不具合があり無償点検・修理すると発表したが、現時点で発熱や感電などの発生はなく、特に悪材料視されなかった。円がドル、ユーロに対して弱含んでいることから買いが先行している。無償点検・修理の対象になるのは1995年発売開始から2012年12月以前に販売された製品で、モニター、カメラ電源、光源用トランスなど周辺機器以外の電気機器の接続や、接続した周辺機器の故障モードによっては電源ケーブルの発熱や筐体からの感電の可能性があることが判明したため。

オリンパスの株価は10時32分現在3430円(△60円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)