<後場の注目銘柄>=航空電子、自動車用コネクター好調

 日本航空電子工業<6807.T>は14年3月期の連結業績を上方修正した。従来予想の売上高1500億円を1550億円(前期比19.6%増)へ、営業利益110億円を125億円(同45.3%増)へと増額した。

 スマートフォン向けや、自動車用にコネクターなどの電子部品が好調な推移をみせている。また、内製化の取り組み強化によるコストダウンや、設備効率化、諸費用の抑制なども寄与した。さらに、第3四半期以降は、通信向けコネクターの拡大に期待が掛かる。下期の想定為替レートを1ドル=95円としており、足もとの為替水準を考慮すると、上方修正の可能性が濃厚だ。1円の円安で約4億円の営業増益要因となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)