アルプスが5日続伸、三菱UFJMSが目標株価を引き上げ

 アルプス電気<6770.T>が5日続伸。この日は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が22日付で、投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を930円から1300円に引き上げたことが観測されている。現在、スマホ市場では搭載するCMOSセンサの高画素化のトレンドが進行しており、高い生産技術力を有する同社の競争優位性が高まっていることを背景に、15年3月期以降、アルプス本体の電子部品事業がレンズアクチュエータ(VCM)の貢献により業績拡大期に入ると指摘。また、為替前提を1ユーロ=125円から130円に変更することで、14年3月期の営業利益予想を250億円から255億円へ、15年3月期を同290億円から320億円へそれぞれ上方修正した。

アルプスの株価は13時14分現在1132円(△48円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)