日本新薬が半年ぶり新高値、フィデリティ投信が保有株買い増し

 日本新薬<4516.T>が反発。一時1832円まで買われ、5月20日の年初来高値1831円を約半年ぶりに払拭した。医家向けの医薬品が主力で、アレルギー領域に強みを持っており、業績は増収増益トレンドが続いている。高肺血圧治療薬分野はラインアップが充実しており業界でも優位性を持つ。国内で初めてアンチセンス核酸医薬品の治験に着手するなど注目度は高く、前週末22日受付現在でフィデリティ投信などが同社株式を5.47%から6.49%に買い増していることも支援材料となっている。

日新薬の株価は14時30分現在1823円(△28円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)