外為サマリー:101円80銭台と約6カ月ぶり円安、株高で円売り膨らむ

 25日の東京外国為替市場の円相場は、午後3時時点で1ドル=101円85~86銭近辺と前週末午後5時時点に比べ86銭の円安・ドル高。対ユーロでは1ユーロ=137円94~98銭と同1円76銭の大幅な円安・ユーロ高で推移している。
 円相場は101円80銭台へ円安が加速。日経平均株価が大幅高となるなか、5月下旬以来となる円安水準をつけた。チャート上のフシとみられていた7月の101円60銭台を抜いてきたことから、円売りに拍車がかかった。この日は、米国では目立った経済指標の発表がなく、NYダウの行方が注目を集めそうだ。
 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3541~42ドルと同 0.0057ドルのユーロ高・ドル安。ユーロ高が続くなか、対円では一時138円乗せに接近する場面があった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)