APLIXが新型のM2Mシステムを提供開始

 アプリックスIPホールディングス<3727.T>はこの日、家電機器やセンサーなどが通販アプリや健康管理サービスと簡単に繋がるM2Mシステムを提供することを発表した。今回、提供するシステムは家電機器やセンサーなどの製造メーカーが製品出荷後も製造物責任に対応したサードパーティーアプリを増やしていくことができる基盤技術を開発し、消耗品の交換や補充を通販アプリに通知したり、さまざまな機器の利用状況からライススタイルに合った商品の提案を行うなど、製品のライフサイクルに応じて販売後も各タイミングで各種提案を行うことで、売上増に繋げていくことが簡単に実現できるM2Mシステム。
 機器とアプリケーションの双方を電子認証で照合させることにより、プライバシーの保護が確認されていないアプリケーションに対して機器がデータを送信するのを防いだり、動作の安全性が検証できていないアプリケーションから操作されるのを機器側で防ぐことが可能となり、悪意のあるアプリケーションや製品仕様を超えるような使い方をするアプリケーションによって製造物責任を問われるような事故を回避することが可能になっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)