今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場はまとまった規模のドル買い・円売りが入って上値を切り上げ、101.90円台に乗せました。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

11/25(月)
21:45 (ユーロ圏) リンデ・スペイン中銀総裁、講演
24:00 (米) 10月中古住宅販売成約
27:00 (米) 2年債(320億ドル)入札
30:15 (ユーロ圏) バイトマン独連銀総裁、講演

あまり大きな材料はありません。
ただ、ドル/円は東京市場中に大きな理由もなく上昇したことを考えると、この後も引き続き大きな理由もないまま上値を追う展開になる可能性があるため、要注意です。最近手掛かり材料にされることが多い主要国株価の動きにも要注意です。

なお、欧州要人発言については、今後の預金金利のマイナス化の可能性についてのコメントが出ればユーロの変動要因になる可能性があります。