古河電池がインドネシアで合弁企業を設立

 古河電池<6937.T>は25日、インドネシア企業のインドモービルグループ(サリムグループ)との間で、自動車用鉛蓄電池を製造・販売する合弁会社を設立することを発表した。同社は、海外事業拡大の布石として新たな海外生産および販売拠点の検討を進めてきたが、インドモービルグループと合弁会社を設立することで、新たな展開を図る方針。なお、古河電池が51%を出資し、設立は13年12月を予定している。この合弁会社設立に伴う14年3月期連結業績への影響は軽微としているが、業績への影響が見込まれる場合においては速やかに開示する方針。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)