◆25日の米株式市場の概況 NYダウ小幅3日続伸、中東情勢緩和でリスクを取る動き

 25日の米株式市場はNYダウが小幅3日続伸し、前週末比7.77ドル高の1万6072.54ドルと連日で史上最高値を更新。ナスダック総合指数は同2.92ポイント高の3994.57と2000年9月7日以来、約13年2カ月ぶりの高値をつけ、取引時間中には4000を上回る場面があった。イランの核開発問題をめぐる問題で同国と主要6カ国が暫定的に合意したことを受けて、中東情勢の緩和期待から運用リスクを取る動きへと投資家心理が傾いたことが大きい。ただし、最近の上昇で短期的な過熱感も意識され、利益確定売りから上値は重かった。なお、出来高概算はニューヨーク市場が6億2573万株、ナスダック市場が17億4959万株だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)