NISA口座 毎年選択・・・これでまたNISA特需

日経新聞半歩先読み
NISA口座 毎年選択 日本経済新聞 1面

少額投資非課税制度(NISA)を使いやすく変更する方針との記事です。現在は、1人1口座しか開けないですが、最大で5口座まで開設出来るようになるとのことです。金融機関としては、一旦NISA口座を獲得すれば、4年は囲い込めたのに、毎年変更出来るようになると、毎年獲得する必要があります。

当然、毎年年末には翌年のNISA口座の獲得競争が行われるということです。広告業界には、大きなメリットですね。

風が吹けば 桶屋が儲かる

の桶屋銘柄としては、下記の2銘柄をご紹介しましょう。

証券のバックオフィスを代行する
(8692) だいこう証券ビジネス (東証1部) 759 +14

また、システム変更の特需がある
(4307) 野村総合研究所 (東証1部) 3,430 -45 [売買単位:100株]

相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。