DyDoが反落、14年1月期業績見通しの下方修正を嫌気

 ダイドードリンコ<2590.T>が5日ぶり反落、一時120円安まで売られた。同社は25日、14年1月期通期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想の1593億円から1530億円(前期比2.8%増)に、営業利益は80億円から60億円(同24.3%減)に、最終利益は44億1000万円から33億円(同25.2%減)に減額したことを嫌気する売りが集まった。競争激化の影響や天候不順などの要因が足を引っ張った。株価はここ2週間にわたり一貫した上昇トレンドを形成していただけに反動で下げ幅もきつくなっている。

DyDoの株価は9時15分現在4350円(▼100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)