村田製は反落、三菱UFJMS証は目標株価を1万300円に引き上げ

 村田製作所<6981.T>が5日ぶり反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は25日付リポートで投資判断「アウトパフォーム」を維持、目標株価を従来の9300円から1万300円に引き上げた。
 リポートでは「同社はスマホ市場で北米、韓国、中国などを幅広くカバーすることが強み。携帯電話市場全体ではスマホ比率(台数ベース)が上昇し今後は飽和に向かうことに加え、中国ローエンドスマホ増加で電子部品需要に対する今後の不透明感が台頭している。ただし、LTE対応比率(同)は14年3月期でも20%(同社予測)と低く、特に市場成長の中国では今後TD-LTEの普及が進むことから、競争優位性を保持する同社の業績拡大が中期的に継続する」としている。

村田製作の株価は9時55分現在8570円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)