鉄建が反発、中低位建設株への物色資金シフトの動き

 鉄建<1815.T>が反発。全般主力株が利益確定売りに押されるなか、これまで株価が調整局面にあった中低位の建設株に物色資金がシフトしている。政府・与党は税制面の優遇などで2027年のリニア中央新幹線の開業を後押しする構えにあり、関連企業である同社にとっても事業拡大余地につながる。また、それに先立つ20年の東京五輪開催では、交通インフラ再整備の中軸の一つである成田―羽田間を結ぶ都心直結線構想において同社の出番が見込まれている。

鉄建の株価は10時29分現在309円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)