日産東HDが大幅高、好業績背景に継続的な買いが流入中

 日産東京販売ホールディングス<8291.T>が大幅高。株価は11月7日のマド開け急伸後、一貫した上値指向をみせている。前日こそ一服したものの継続的な買い資金の流入が観測されており、元来、仕手系材料株としての素地にも富むだけにマーケットの注目度は高い。同社株の人気化は11月6日に発表した業績の大幅増額修正で、14年3月期最終利益は従来予想の31億円から45億円に上積みされたことを好感した買いが集中し、その後も水準訂正の動きが継続している。コア事業である自動車関連事業で、傘下の日産販売会社3社いずれも新車・中古車ともに会社側の想定を上回る好調となっている。PERはわずかに6倍台と割安感が強く、短期資金の買いを引き込んでいる。

日産東HDの株価は10時43分現在453円(△26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)