カカクコムなどMSCI関連銘柄はまちまち、引けにかけ指数に反映

 カカクコム<2371.T>や日本ペイント<4612.T>などモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)関連銘柄は高安まちまち。今月8日にMSCIの定期銘柄入れ替えが発表され、カカクコムと日本ペイントが新規採用され、コスモ石油<5007.T>、古河電気工業<5801.T>は除外された。同入れ替えは、この日の引けにかけ指数に反映されるため、株価動向が注目されている。後場寄り付き段階では、カカクコムは軟調な一方、日本ペイントとコスモ石油と古河電工は上昇と高安まちまちで、銘柄入れ替えはある程度、株価に織り込まれているとの見方も出ている。 

カカクコムの株価は12時33分現在1918円(▼21円)
日ペイントの株価は12時33分現在1636円(△7円)
コスモ石の株価は12時33分現在187円(△3円)
古河電工の株価は12時33分現在238円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)