イマジニアが反発、スマホ向けコンテンツ好調、LINE関連人気も波及

 イマジニア<4644.T>が4日ぶり反発。同社はゲームソフト開発を主力としていたが、現在は時流を捉えてモバイルコンテンツ配信に重心を傾けている。スマートフォン向けへの展開で成功、教育関連コンテンツの投入などで新たな需要取り込みを図っており、14年3月期の会社側予想営業利益7億3000万円は増額余地がある。また「カピパラさん」のスタンプ配信で人気を博すなどLINE関連の一角としても注目を集め、LINEの登録ユーザー数が、世界3億人を突破したと伝わったことも同社株の刺激材料となっている。

イマジニアの株価は13時37分現在1183円(△74円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)