<チャートの視点>=不二家、三角もち合い上放れは200円突破が焦点

 不二家<2211.T>が三角もち合いから上放れしそうだ。6月7日に年初来安値178円をつけたあとは下値を切り上げる動きをみせる一方、戻りは200円の壁(7月19日高値:199円、9月24日高値199円、10月17日高値197円)に阻まれていた。ただ、18日に5日移動平均線と25日移動平均線のゴールデン・クロス(GC)が実現したうえ、今週に入って出来高も増加。きょうは202円まで足を伸ばし、新たなステージ入りが期待できる状況となってきた。
 同社では競争激化に対抗するため、ミルキーブランドの強化を積極的に推進中。連結売上高の約65%を占める製菓事業で「生ミルキー袋」をはじめとする高品質のブランド商品の拡販を目指しているほか、洋菓子事業でもミルキー関連商品の販売強化に努めている。

不二家の株価は14時2分現在200円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)