日経平均先物の動きに注意!

個人投資家予想レンジ(ドル円)
101.13円(前日安値)~101.68円(前日終値)
現在のレートは101.43円です。(20:45)
ドル円がなかなか下げ渋らないので、予想レンジが縮小してきました。
高値予想は101.50円付近に集中しているのですが、安値予想は100.84~101.42円とばらついています。
ここからの展開が読みづらそうですね。
<今夜の経済指標>
22時30分発表
「米・建設許可数(9.10月分)」注目度★★★★
前回:91.8万件 予想:9月93.0万件 10月93.5万件 前回10分間の変動幅 -2pips 
個人投資家の予想は
56%が買い(円安)
44%が売り(円高)という結果になっています。

00時00分発表
「米・CB消費者信頼感指数」注目度★★★★
前回:71.2万件 予想:72.6 前回10分間の変動幅 +5pips 
個人投資家の予想は
64%が買い(円安)
36%が売り(円高)という結果になっています。

本日の建設許可数は、政府機関閉鎖の影響で集計が遅れていたため、9月と10月分を同紙に発表となります。
同時に、住宅着工件数も発表される予定でしたが、こちらは集計が間に合わずに、12月18日に延期となりました。
<今夜はどうなる!>感謝祭前の特殊フローに注意!
本日の日経平均の下落は、ポジション調整のための利益確定の売りと、MSCI(株価指数)の構成銘柄の入れ替えが原因だったようです。
日経平均先物がジリジリと下落し、現在は15,427円(21:00)
先物が動いていますから、下落し始めた時のドル円の動きには注意しておきましょう。
ドル円はあまり動いていませんが、豪ドルが単体で大きく売られています。
クーレECB理事が
「マイナス金利は可能」
と発言したにもかかわらず、ユーロは売られていません。
感謝祭前のポジション調整に絡む、特殊な売買が入っているようです。

ロンドンフィックス(日本時間25時)が近くなると、突如として動き始める可能性がありますので、注意が必要です。
今夜は何かありそうですね。