良品計画が反発、3~11月期経常ピーク利益更新観測

 良品計画<7453.T>が反発。同社の13年3~11月期は、連結経常利益が175億円前後と前年同期比1割程度増え、同期間での過去最高を更新する見通しと27日付の日本経済新聞が報じており、これを好感する買いが優勢となった。ニットなど秋物衣料が好調なほか、家具などの売れ行きも伸びている。同社株は、ここ業績好調を背景に上昇トレンドを強めており、11日に1万円大台を回復した後も買いの手は緩まず、2006年4月の高値水準である1万700円台を突き抜け、実質青空圏に突入している。

良品計画の株価は9時12分現在1万1130円(△170円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)