ドル円、上昇傾向継続の中、一服。

マーケットコンディション
昨日は、101.66円で始まり、東京時間に101.70円の高値を付けるがジリジリと売り込まれ101円の半ばから前半で推移した。NY時間には日経平均先物の下落などもあり101.15円の安値をつけるも、101円台をキープして101.27円でクローズをむかえた。
ドル円、上昇傾向継続の中、一服。
昨日は、101円台での揉み合いとなった。量的緩和の継続やGPIFのポートフォーリオ配分の変更など、円安を後押しする地合いを受け、101円台を固めに来ている感じである。
上昇トレンド発生時に、「押し目待ちに押し目なし」という諺があるが、100円台を待っていると、乗り遅れるかもしれない。100円割れまでのリスクを取って、101円大前半は買いで攻めてみたいところである。

☆戦略
買い継続

ポイントレベル

103.73(5/22の高値)
102.50(5/24・5/28・5/29の高値50アラウンド)
102.00
-------------------------------------------------------
101.14(11/25の安値)
99.94(11/22の安値)
99.57(11/19の安値)
99.09(11/12の安値)
97.62(11/7の安値)

注)本日の予想は11月27日9:20に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。