セブン工3日続伸、長期因縁場を突破し新波動

 セブン工業<7896.T>が全般軟調地合いのなか3日続伸で新高値。ここ売買高も増加しており、上値指向が鮮明となっている。住宅用部材を全国展開しており、集成材では業界を先駆する。消費増税前の新築駆け込み需要に加え、アベノミクス効果による景況感の回復を背景にリフォーム需要も増勢、足もとの収益は好調に推移している。09年以降、昨年までの4年間にわたり上値のフシとして頭を押さえていた140円ラインを上抜いてきたことで、長期的にも新波動入りを示唆している。

セブン工の株価は9時38分現在149円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)